カテゴリー別アーカイブ: お互い勇気がなくて実らなかった恋

お互い勇気がなくて実らなかった恋

大学に入学してすぐの頃、あるサークルから勧誘され、友達とそのサークルの飲み会に参加しました。そこで私たちと同じ新入生である彼に出会いました。

彼は福山雅治さん似のイケメンでシャイな感じの男の子でした。そのときはカッコいいなぁと思うだけだったのですが、何回かそのサークルの飲み会で顔を合わせているうちに、とても気になる存在になりました。

そしてある飲み会でのこと、酔っぱらった彼が友人と私のところにきて「ファンです」と言ってきたのです。酔っぱらって言う軽い冗談のような感じでしたが、私は突然そんなことを言われ、正直とてもドキドキしました。

どうやらその友人のかたが言うには、彼は本当に私のことを気に入ってくれたらしく、「今まで出会った人の中で3番以内に入る可愛さ」と言ってくれていたらしいです。

私は気になっていた男の子にそんな事を言ってもらえ、嬉しくてたまりませんでした。そしてますます気持ちは彼のほうに向いていき、気づいたときにはすごく好きになっていました。

しかし、そんなことを言ってくれた彼にも高校生のときから付き合っている彼女がいました。彼女がいるのに、私にそんなことを言うのだから軽い人だったのかもしれませんが、軽いわりには、わたしの前では酔わないと話しかけられない、そんなシャイさが彼の魅力的な部分でした。

結局その彼女とは別れたと、彼の友人から聞きました。そしてそのときにそれが私のためだということも聞き、私はもうこれで2人は完全につきあうことになるのだろうと確信していました。お互い意識しているのは十分くらいわかっていたし、この流れで付き合わないわけないと思ったのです。

しかし面と向かうと緊張して話せないのは実は彼だけでなく、私も同じだったのです。話せるのはお互いお酒が入っているときだけ・・。しかもお酒が入っていてもぎこちなく話すだけ・・。

それに加え、もともと素直になれないタイプの私は彼に「どうして彼女と別れちゃったの?勿体ないよね」みたいに、あなたには気がないアピールをしてしまったり・・・。

そんなこんなで結局彼とは本当のところ、お互いがどう思っているかわからず、この恋は終わってしまったのです。

彼の友人が言うには彼はそのときは本当に私の事を好きだったらしいのですが、結局自分からいく勇気のない人間同士がくっつくのは無理なのだとわかりました。もしあのときに遡れたら、ちゃんと自分からいくんだけどなぁ・・。