カテゴリー別アーカイブ: 恋愛、結婚、離婚、そして、恋愛、人生は繰り返しとはよく言ったものですね。

恋愛、結婚、離婚、そして、恋愛、人生は繰り返しとはよく言ったものですね。

恋愛から始まり、一緒にお墓に入る。もしくは、離婚に終わる。そしてまた新たな恋愛が始まる。
人にはそれぞれの、何通りもの経験があり、そこには決まったレールはなく、何処へ進んでいくかはわかりません。

始まりが何処で、又、何が終わりかもわかりません。
今からお話しすることは私の一部の経験です。

私のはじめての就職はホテルのレストランでした。
アルバイトでは働いたことはあったものの、就職するのは初めてで、
1日1日があっという間に過ぎてゆき、仕事が終わるころはへとへとでした。

それでも、2~3か月たった頃には、大分余裕も出てきて、仕事帰りにちょっとどこかで遊んだりするようになっていました。

そういう頃に、ホテルのビアガーデンに来ていた大学生のアルバイトの人と知り合い、
同じレストランのパテシエとも仲良くなり、
そして、同じ職場の調理師とも遊ぶようになったのです。

しかし、夏は何かを狂わせました。

毎日が本当に、とても楽しかった。
みんなでワイワイガヤガヤ騒ぐことも、誰かと二人っきりで夜のドライブに行くことも、
毎日仕事が終わって遊びに行って、徹夜で遊んで、翌日朝6時半から仕事を始めることも。

夏が終わるころ、一斉にその3人の人からプロポーズを受けました。
「え。その気持ち、気が付かなかったよ。」
などと、口で言いながらも、本当は薄々気が付いていた事だったのです。

学生は、友達から。
パテシエは、妹の様に。
そして、調理師は地元に一緒についてきて、お店を手伝ってほしい。

私は今の関係を壊したくなかったのですが、気持ちを聞いた以上今まで通りにはできないと思い、
一番年が近く、軽い関係の大学生を選びました。

翌日から、大学生との同棲が始まりました。
始めは、ご飯を作りに行く程度だったが、段々泊まり込むようになり、とうとうそこに住み着くことになりました。
彼が、学校へ通っている間、私は働きました。

二人で何でも頑張り、懸賞に当たって、パリやバリ島へも行き、お義母さんにサイパンへも連れて行ってもらいました。
本当に長い時間二人で過ごし、
6年ほどたった頃、二人は結婚しました。

しかし、結婚してから、何かが変わってきました。
何でも頼ってくる夫。
私はあなたのお母さんじゃない!
子供をほしがった夫。
私はまだ働きたい。

少しの小さなひずみが、二人のすれ違いを作り始めました。
なぜキティーちゃんのキーホルダーつけてるの?
なぜ電話の着信音きってるの?
なぜ携帯のキーロックかけるようになったの?
実際、証拠をつかんだわけではないので、どうかわかりません。
しかし、私はなんだかさみしくなりました。
私たちは、この後離婚して、それぞれの人生を歩むことになりました。

改めて思い返してみると、お互い若かったのだと思います。
もし今、お互いに年齢を重ねたのちに、関わることがあるのであれば
又違った結果が生まれてきたのかなあと思います。

しかし、人生は後戻りできません。この時の自分があるからこそ、今の自分があり
そして、将来に続いていくのだと思います。
私は、後悔はしていません。その時その時を楽しく過ごしています。

でも、たまにこのように過去を振り返って、立ち止まってみるのもいいかもしれませんね。