カテゴリー別アーカイブ: 私の婚活は「公共交通機関が未発達な地域」と「親との同居」の二つの壁が高い

私の婚活は「公共交通機関が未発達な地域」と「親との同居」の二つの壁が高い

婚活を初めて1年以上経ちます。

もともと女性慣れしていない環境で学生生活を過ごしたことも関係して、
なかなか女性と初めのうちはうまく話すことができずに婚活では苦労しました。

それでもたくさんの女性と婚活パーティーなどで話していくうちにだんだんと自分を出していけるようになり、
相手の話も落ち着いて聞けるようにはなってきました。

婚活パーティーの服装などはこちらのサイトに詳しく乗ってるので参考にしてみてください。

http://mens-fashion-party.com/shop.html

地方に住む長男(一人っ子)という環境で、自宅兼事務所で自営業を行っています。

父は既に他界していて現在は母と同居しているのですが、自宅兼事務所として仕事をしているということもあり、引っ越したりすることが難しい面があります。

一応両親も祖母と同居だったため、離れがあるので将来的にはそちらを事務所兼母の居住スペースにと考えてはいるのですが、現在、自宅周辺で下水道などの公共工事の予定が延び延びになっていて、予定が立てられない状況です。

そのため、当分の間は親と(離れもないと考えた上での)同居可能な方との結婚をと思っているのですが、やはりそのハードルは高いようで、婚活中に親しくなった方の多くは「親との同居が難しい」といわれることが圧倒的に多いです。

また、知り合った中には上記の親との同居の問題は大丈夫とおっしゃっていただいた方ももちろんいるのですが、住んでいるところが公共交通機関があまり発達しておらず、車がないと相当不便な環境な上に産婦人科医不足の環境でもあり、公共交通機関の発達した環境で生活してこられた方にとっては不便に感じられるようです。

実際に、住んでいるのは田舎ではありますが、観光地としての人気は高く、仲良くなって一緒に地元の観光名所に出かけたりしたときにも、「観光などで来る分にはいい所だけど、住む環境としては少し考えにくい」ということをいわれる状況が続いています。

先日も、何度かやり取りを続けてから地元を案内した方も、人柄等はやり取りを続けている中でお互いに惹かれあっていた部分はある方だったのですが、車の免許は取得されていないらしく、こちらに引っ越してきてからの生活がイメージできないということを言われました。

長男かつ一人っ子ということもあり、また自宅兼事務所という形でリフォームもしている状況ですので、なかなか引っ越しという選択肢を選べない自分の環境も苦しい面はありますが、少しでも良縁に恵まれるようにこれからも婚活は続けたいと思います。