初めての恋愛相手は超モテモテの既婚者

私が初めて付き合った人は既婚男性でその頃私は19歳で結婚までの長い時間を彼の為に費やしました。彼は自分より7歳年上で彼女も普通にいる女性からも男性からも人気の高い男性でした。

その彼を交えた友達付き合いをしていて、その頃は会えるだけで嬉しくて楽しい日々を送っていました。ですが私の存在は彼からすると大勢の友達のうちの1人でしたので、少しでも自分を女性として見てほしい願望が徐々に芽生えてきました。

その時、彼の彼女と話す機会があったので色々話をすると彼は実は別の女性と結婚していてそれでも好きだから付き合っていると言いだしました。向こうは遊びで自分は本気といった感じで言っていて、他にもそういう女性が何人もいるという感じでした。

その話で少し彼への気持ちが冷めた頃、偶然近所のスポーツジムのプールで会ってしまい話す機会がありました。

彼は勿論ですが結婚してる事を私に話す事もなく、何気ない話が凄く面白くやっぱり好きと思いながら会話を楽しんでいました。

彼は結婚してる事は隠してるものの彼女の事や他に遊んでる女性がいる事や、自分の女性に対する考えかたやどういう存在かなど持論を話してくれました。そして付き合ってみようとライトに誘われて、好きだったので付き合う事にしました。

自分の中で不倫をしてると理解しながら付き合っていましたが、結婚していて彼女もいるのに毎日凄くマメに連絡をくれる彼にはまってしまっていました。

彼からは他に好きな人や付き合いたい人ができたらその時は遠慮なく言ってという感じで、去る者は追わずというスタンスで、自分から別れを言うつもりもないという事でした。

そういう付き合いが半年たった頃、ショッピング中に彼の姿を発見、そこには奥さんらしき年上の女性と小さい子供がいて仲むつまじい様子でした。自分はいくら彼の事を思っても今以上の関係は望めないし、こんな関係になれる相手ではない事を改めて痛感させられました。

私からサヨナラを言えば呆気なく終わってしまう関係ですが、関係を断ち切れない思いといまだに結婚してる事を話さない彼にイライラが相まって遂に家族で一緒にいる所を見た事を告げました。

彼は驚く素振りもなく、かといって開き直った様子でもなくゴメンと一言だけ言って自分のスタンスは前に話した通りで自分からは別れないけど、嫌なら別れるといった感じでした。

結局好きな気持ちが強くその後数年彼と付き合い続けましたが、彼は一度たりとも家庭の愚痴とかも言わないですし、私に期待を持たせる言葉もかけてくれませんでした。

結局は一番は奥さんという構図がしっかり彼の中であったようでした。月日が流れるうちに彼から少しずつ女性が離れて行く中で私は当時最後まで残った、いわゆる都合のいい女友達でした。

付き合って3年が過ぎる頃、今は会っているのは私しかいないというセリフを言われて去る者追わずのスタンスだった彼の口から、どこにも行かないでね、彼ができてもいけるとこまでいこう的な弱気な発言に変わっていました

。その後、私にも普通の彼氏がその間何人かできたりもありましたが、彼との関係を断ち切る事は出来ず結婚するまでの8年の間彼とも同時に付き合っていました。

結婚と同時に引越する事になってやっとの思いで彼との関係を断ち切りましたが、結局は不倫した挙句といった感じで様々な人に対して罪悪感を覚えた恋愛でした。