婚活パーティーの様子とカップルになった人との恋愛について

大学から実家のある長野県を出て東京に住んでいたのですが、30才になり仕事を続けるのが難しくなり長野県にまた戻ってきました。

まだ結婚はしていないので、婚活パーティーに参加することにしました。

小学校や中学校の時などの友人にもほとんど会っていなくて、友人もとても少なかったので、友達に紹介してもらったりするのは難しく、合コンとかもほとんどできなかったからです。

のちに友達が増えてきて、結婚している人に出会いなどに聞いてみると、婚活パーティーで会ったという人も多く、特に地方ではなかなか出会いもないのか一般的になってきているみたいです。

私が参加したパーティーは、中規模のホテルの一室で行われる
ものでした。
会場に着くと受付があって、男女合わせて30人は集まっていました。
席に着くと、男性と女性の列に分かれて、テーブルを挟んで対面するようになっていました。

プロフィールカードに趣味や職業などを記入して、始まるのを待ちました。始まると、すべての人と5分ぐらいずつ順番に話していきます。
来ている女性は30代後半ぐらいの人が多く、自分は若い方でした。男性はスーツの方が多く、30、40代の方が多かったです。
後は自由に好きな人と話せる時間があり、最後に気にいった人の番号を書いて提出し、お互いに番号が一致した人とカップルになるものでした。
私もその時にカップルになれました。その他にも何人かの方からメールアドレスをもらいました。

カップルになった人は、その人ももともと東京にいて、地元に戻ってきた方でした。
最近は弁護士の司法試験の勉強をしていて、何度か落ちていて、司法試験も受けられる回数が決まっていて、次が最後とのことでした。

話している中で通っていた高校が同じだったことが分かり、話が弾みました。
映画の話をしたり、今後の仕事はどういうことをしたいかなどの話をするのが楽しかったです。

夕食を何回か一緒にしたりしました。その他にはその頃私が友達を作るためにテニスを始めていて、週に一回テニススクールに通っていたので、そこに誘って一緒にテニスをしたりしました。
話をしたりは楽しかったのですが、合わない部分も多く、関係は長くは続きませんでしたが楽しい時間が過ごせてよかったです。